「有望株」をAIが抽出

AI投資ツールには「機械学習」の機能があると言われます。機械学習とは、膨大なデータから役に立つ法則性や判断基準を学び、未知の状況に対する予測を行うAI技術です。ロボット開発の現場では以前から、株価の値動きや各企業の業績などの膨大なデータを機械学習させ、その能力を活用すれば、より安全に顧客資産を運用できると考えらていました。その仮説の正しさを裏付ける事例が出始めているようです。

ディープラーニング(深層学習)

AIレフェリーなどの最新のAI投資ツールは、機械学習の発展形となる「ディープ・ラーニング(深層学習)」の能力を備えていることを謳っています。ディープ・ラーニングとは、人間の脳神経をまねたコンピューターが自ら何を基準に判断するかも決め、人間の指示を待たずに独自に学習を発展させる技術です。

人間には真似できない技

AI Referee(エーアイレフェリー) 口コミ

近年のAI投資ツールの人工知能は、常に膨大な株取引や企業の財務などのデータを収集しているようです。数千社以上の決算資料を一度に読み、何が起きているかをリアルタイムで分析しているといいます。

SNSと株価の関係

さらに、マクロ経済や政治などのニュースと、個別銘柄の相関関係も把握しています。SNSの投稿など、社会のトレンドを掴むための情報も蓄積されています。そのうえで、「短期間の株価高騰」が期待できる株を抽出します。これらは人間には決して真似できない高度で複雑な行為です。

<AI Refereeのポイント(公式サイトより)>
AIによる膨大なデータ解析
投資効率最大3倍増
利用者満足度97.8%

従来型AIと、汎用型AI投資ツールの違い

機関投資家の進化

21世紀に入ってから、機関投資家や欧米の機関投資家の間では、AIの活用が当たり前になりました。とりわけヘッジファンドは、超高度な統計学や数学を覚えた最先端AIを駆使して相場に臨んでいます。

ヘッジファンドのAIの機能

機能 内容
統計的な分析 金融商品や指数のヒストリカル・データ、各種経済指標などのファンダメンタルズのデータ、またそれらの相互関係などに関する統計分析。ボラティリティ、相関、トレンド、主成分などを得る。
将来価格の予想 将来価格の予想。将来とは超短期のこともあれば長期の場合もある。
取引の執行 大口の売買注文をスムーズに行うアルゴリズム
ポートフォリオ管理 ポートフォリオに組み入れる銘柄やその配分の推定
リスク管理 状況に応じたポジション・サイズのコントロール
社内でロボット大会

さらに、世界の有力ヘッジファンドは、リスクに対してどれだけの収益を上げたかを数値化した「シャープレシオ」に基づき、運用成績の悪いAIを排除します。社内で常にロボット競技大会を行っているようなものです。組織内の競争によって絶えずAIの頭脳とアルゴリズムを進化させています。

AIレフェリーとヘッジファンドのAIの競争

個人が負ける理由

AIを駆使するプロの投資会社に対して、素人の個人投資家が立ち向かうのは至難の業です。 とくに株の初心者は、その売買の手の内や心理状況を、AIに見透かされています。 「このようなニュースが流れたとき、アマチュア投資家はこういう行動に出る」というパターンを、AIは熟知しているのです。経験の浅いビギナーが、投機筋や機関投資家の「食い物」にされるのは、このためです。

初の「一般」向け株投資AI

今や個人投資家もAIを活用しなければ、機関投資家に負け続けることになります。 とはいえ、個人投資家には自らAIを開発する資金力はありません。 そのような背景の中で誕生したのが、汎用型AI投資ツールです。

<汎用型AI投資ツールの特徴>
歴史的な位置づけ 一般投資家がAIを活用する先駆的な事例
開発指向 オープン型、クラウド型、フィードバック型
サービス形態 多人数が利用
能力 自己学習、リスク管理
アップデート頻度 必要に応じて随時

ファンドマネジャーの運用方法を学習

汎用型AI投資ツールの開発には、長い歴史があります。まず、2000年代、過去のロボット研究の成果と知恵をふまえ、プロトタイプが制作されました。その後の2010年代に、トップクラスのファンドマネジャーの運用方法を学習させる作業が続きました。AI Refereeの開発相場でも、訓練に数年以上が費やされたようだと、口コミで指摘されています。他の最先端AIツールでは、株価予測にとどまらず、相場全体の下落リスクなどに関する管理能力も付与されました。

新しいAIが勝つ
AI Referee(エーアイレフェリー)の評判

株投資の世界では、AI対AIの戦いになったとき、能力の高いAIが勝ちます。 最先端の技術やデータ分析力を備えた人工知能に軍配が上がるのです。 一人勝ちを謳歌していた最先端AIも、時間の経過とともに時代遅れになり、他のAIに完敗することがよくあります。 AI Refereeは、最新の人工知能が取り入れられいるといいます。 古いシステムよりも技術的な優位性が期待できます。

オープンな開発体制

また、開発体制が開放的な「オープン型・クラウド型」になっていると見られます。 一部の専門集団だけがプログラムをいじる閉鎖的なシステムでないため、 技術的なアップデートの頻度が高いと考えられます。 それだけ、技術革新の恩恵を柔軟に取り入れることができるということです。

精度が向上し続ける

従来、投資用AIツールは、特定のヘッジファンドや大手運用会社だけに限定して使われてきました。 開発陣営も、大手システム会社だけがナレッジを独占する「クローズド型」でした。 これに対して、AI Refereeは幅広い会員に使われています。 常に多数の利用者からフィードバックが寄せられ、その情報や知見が開発メンバーの間で共有されます。 その結果、AIの精度やノウハウが向上しやすくなっています。

コストを多人数でシェア

汎用型AI投資ツールは、開発費やランニングコストを多数のユーザーでシェアする形になっているのも特徴です。 結果的に、利用者一人一人の経済的な負担が少なくなります。 開発側としても、費用の回収が容易であるだけでなく、永続的に機能向上に取り組みやすい仕組みになっているのです。ネット社会がもたらしたスマートなビジネス・モデルだといえます。